岐阜⇔マンクラ: コントラバスを抱えて新幹線通いの旅

岐阜⇔マンクラ: コントラバスを抱えて新幹線通いの旅

伊藤隆(平成5年卒、コントラバス) 

 今年の夏は史上稀にみる暑さと台風の記憶で振り返ることになりそうです。皆さまお元気でお過ごしでしょうか。平成5年卒コントラバスの伊藤です。「平成初めての入部なんだね」と卒業生に驚かれた私が、平成最後の夏にこのような形で稲友会ホームページに寄稿できることをとても幸せに感じています。

 この会員寄稿広場への寄稿が(お二人の大先輩に続いて)私に回って来たのは『新装開店したホームページに寄稿しませんか。いつ見ても楽器持参で集まりに来ているから旅の想い出みたいなのがあるでしょう?』という天の声があったからです。
「いつ見ても」は言い過ぎでしょうとは口に出せず、そして残念ながらあながち間違ってもいないのでお受けすることにしました。

 とはいえ、自分にとって「旅」とは「楽器を連れた演奏会(とその練習)への鉄道旅一色」です。実はこれは、マンクラ卒部後に本格化します。
当時のコントラバスパートは「一学年に一人」が基本でした。指揮者になったり留学したりで、演奏会でコントラバス奏者が足りない年回りがあります。

 コントラバス奏者が居なくてクラブが困る→穴埋めのお誘いがある→ほいほいと旅に出る

旅程は簡単です。最寄りの新幹線駅→東京→早稲田。帰りはその逆。新幹線駅→東京→浅草。帰りは逆。新幹線駅→東京→練馬/青砥/中野/川口/大井町/武蔵野。帰りは…以下同文。

あれ、これは旅コラムになる予定だったはず…?

 振り返ってみると、この旅は卒業後二十年以上、いまだに続いています。
自分でも予想しないほど長く続いて、私に濃密な時間を与えて現在に至ります。こんな感じなので残念ながらSNSに映える写真はご用意できません。当時現役の方の大切な時間を少しだけ共有できた記憶は、私の中で彩りを失っておりません。
今の学生の方が見つめるものは昔とは違うかもしれませんが、目指す先に生まれるであろう素敵な演奏を楽しみにして旅にでます。

その時はもちろん卒業生の皆さまとご一緒したいものです。
それまでどうぞお元気でお過ごし下さいませ。

2018年8月


 

私と早稲田大学マンドリン楽部の63年間。そして第200回記念定期演奏会

私と早稲田大学マンドリン楽部の63年間。そして第200回記念定期演奏会

後藤俊明(S34卒)

平成30年5月19日(土)、三社祭で賑わう中、浅草公会堂にて「早稲田大学マンドリン楽部(WMG)第200回記念定期演奏会」が開催された。
第一部の現役学生ステージに続く第二部:現役学生とOB・OG合同ステージに私は出演し(写真)、ドボルザーク作曲交響曲第九番「新世界より」を演奏した。演奏者約130名の熱演と、一階席から三階席まで満員の観客の大拍手で、大成功裏に演奏会は終了した。この第二部には18歳から82歳の私まで幅広い年齢層が出演した。そして、ステージ上で司会者から私が「最長老の出演者」と紹介される栄誉に浴した。

私は昭和30年(1955年)にWMGに入部した。今日まで63年間、愛器カラーチェ製マンドリンを片手に多くのステージに出演して来た。(ちなみに私のマンドリンは私より10歳年上の今年92歳である。)

大学3年の時に「第80回記念定期演奏会」に出演し、125名で「カルメン」を演奏した。それ以降、第90回・第100回と5年毎の記念定期演奏会には欠かさず出演。今回が13回目の記念演奏会出演である。自分の健康に感謝している。

今回の200回定演に向けて約半年の間、「12回の激しい合同練習「練習後のパート別懇親会」「全員での決起集会(写真)」など楽しく充実した時間を過ごした。先輩・後輩の楽しい交流がお互いの気持ちを益々近づけて、美しいハーモニーの源になったと感じている。

私がWMGに入部してから今日までの63年間、接していただいた先輩・同期・後輩の皆さん、所属マンドリンクラブ・親しいグループ・友人との交流が、私の人生を何と豊かで素晴らしい物にしてくれた事か。今回の記念定期演奏会の参加で益々その思いを深く感じた。

WMG並びに稲友会の今後の益々の発展を願っている。 (以上)

 筆者演奏中(200回定演第2部)

 学生・稲友会の合同激励会5月12日@高田馬場


 

 

私の趣味「奈良旅行」

私の趣味「奈良旅行」
              2018年3月 昭和38年卒(ギター) 芳川順一

 私の趣味の話をさせていただきます。

市川市(私の在住地)で開催されている「仏教美術勉強会」に平成26年11月から参加しています。
講師は早稲田大学文学部名誉教授の大橋一章先生(1942年生)です。

昨年10月、大橋先生の引率による恒例の「仏教美術奈良研修(一泊)旅行」に参加しました。
参加者は総勢24名で京都駅に集合しマイクロバスで奈良方面に向かい、一日目は海住山寺、現光寺、般若寺、不空院、そして、樫原神宮で宿泊、二日目は壷阪寺、額安寺、法隆寺、法輪寺、法起寺と合計9つのお寺を巡りました。京都駅で参加者と別れて、私は更に京都で2泊して翌日(三日目)は再度奈良に行き、平城京跡、法華寺、正倉院展(国立奈良博物館)、四日目には京都の泉湧寺、東福寺、伏見稲荷、国宝展(国立京都博物館)を訪れました。

 11月25日には、仏教美術の勉強の一環として上野の東京国立博物館の「運慶展」に行きました。私の好きな「無著菩薩立像(興福寺の北円堂所蔵)」を観るためです。何十年か前に同じく上野で見た時に比べて「無著さんは少しやせたな」と不思議な印象を持ちました。 

 そして、12月に入り再び奈良を訪れました。12月9日薬師寺、唐招提寺、垂仁天皇陵。10日は「奈良マラソン大会」の10キロレースに参加し、その後、興福寺参拝。11日は飛鳥方面に移動して山田寺跡、飛鳥寺、天武・持統天皇陵、欽明天皇陵。12日には櫻井方面に行き、談山神社、崇峻天皇陵、聖林寺、舒明天皇陵と巡りました。10月から12月にかけて三泊四日の奈良の旅に2度でかけましたが、2度目は私の趣味の一つのマラソン大会参加にかけて奈良を歩いたものです。

平成25年から「古事記に親しむ会」という勉強会にも通っています。その影響で各地の古事記の郷めぐりを始めました。今までに、宮崎、出雲、熊野古道などを訪ね歩いてきましたが、今回の御陵めぐりもその一環としての「古事記の旅」でもありました。そして、偶然にも東京・京都・奈良の三大国立博物館を訪れることもできたことは幸せでした。

 最後に、私の趣味のギター、WMG200回記念演奏会の練習も始まりました。私は、今まで練習参加回数が少なかったので、これからは5月の本番に向けて参加回数を増やし、当日は楽しい演奏が出来るように準備をしたいと思っています。

参考までに写真を添付します。
写真1  般若寺にて     私の後ろが大橋先生です。
写真2  国立京都博物館にて 国宝展です
写真3  国立東京博物館   運慶展です
写真4  国立奈良博物館   正倉院展です