稲門音楽祭:当部の演奏の歴史

 稲門音楽祭(10号館、大隈講堂、リーガロイヤルホテル東京) マンクラ演奏の歴史

毎年10月に開催される校友最大のお祭り「稲門祭」。
そのメインイベントの一つが「稲門音楽祭」です。当部は開催当初より出演してきました。
2004年以降の当部の演奏の歴史を下にまとめました。

指揮 コンマス 曲目
2004 進藤知哉 田嶋明子 若人(赤城淳)、イル・マルケ、道化師
2005 サムディサン Angel Chorus(藤掛廣幸)、間奏曲(S. Falbo)、南蛮渡来(マリオネット)
2006 サムディサン Wedding Bell(DEPAPEPE)、童神(佐原一哉)、
2007 サムディサン ・紺碧の空、光の中で(マリオネット)、童神(佐原一哉)、PASSIONES(諸隈良治)
(早稲田ナイト@リーガロイヤルホテル東京)サムディサン ・紺碧の空、涙そうそう、思い出の小径、パリの空の下、花 、イムジン河 、Falbo間奏曲、Fly me to the moon、愛の挨拶、Wedding Bell、やさしい雨、童神、いつもいつも
2008 サムディサン 紺碧の空、Al Di La(Carlo Donida)、Time to say good-by、
翼を下さいもう一度(村井邦彦、加藤和彦)
2009 サムディサン 光る青雲、Sinfonia in Bb(J.C.Bach)、光の中で(マリオネット)、
RURU(マリオネット), 待って(桑山哲也)
2010 サムディサン 紺碧の空、for you…(鈴木キサブロー)、また君に恋してる(菅原 孝)、
You raise me up(Celtic woman)
2011 進藤知哉 古谷園子 紺碧の空(古関裕而)、青い山脈(服部良一)、蘇州夜曲(服部良一)、
越後獅子(万城目正)、誰か故郷を思わざる(古賀政男)
2012 “未完成』 プランクシティ・オキャロラン(B.Szordikowski)、杜の鼓動 – 魂の還る場所(丸本大悟)
2013 進藤知哉 高橋夏実 紺碧の空(古関裕而)、歌劇「カルメン」より第一幕への前奏曲、ハバネラ*、セギディーリャ*、ジプシー・ソング* (*メゾソプラノ:森山京子)
(小野講堂)
サムディサン
・紺碧の空、花(喜納庄吉)、You raise me up(Celtic woman)、あまちゃん(大友良英)(小野講堂)
2014 進藤知哉 林真衣 イタリア民謡集(赤城淳)「海に来たれ、フニクリ・フニクラ、
サンタルチア、チリビリビン、オーソレミオ、帰れソレントヘ、村の娘」
2015 進藤知哉 林真衣 ラテンファンタジー(赤城淳)「キエン・セラ、そよかぜと私、
ラ・コンパルサ、マラゲーニャ」
2016 小松信彦
進藤知哉
林真衣 (大隈講堂、10号館)スペイン舞曲「第1番、第2番、第3番」
(モシュコフスキー)、
スペイン組曲「グラナダ、カディス、アストゥリアス」(アルベニス)、
歌劇「はかなき人生」より「スペイン舞曲第一番」(ファリャ)
2017 進藤知哉 八代幸雄 フォスター名曲集(赤城淳)--バンジョーをかき鳴らせ、オールド・ブラック・ジョー、夢見る人(夢路より)、ネリー・ブライ、ケンタッキーの我が家、スワニー河(故郷の人々)、おおスザンナ
2018 今井照人
久保田一樹
八代幸雄

(大隈講堂/ボニージャックスの歌伴)「小さい秋みつけた、
手のひらを太陽に、ゴンドリ ゴンドラ、ラ ノビア、青春の1ページ、
カタリカタリ」


(10号館)光る青雲、ひよっこ、あまちゃん、チャルダッシュ

2019 今井照人 八代幸雄 太陽がいっぱい、アルベデルチローマ、ゴッドファーザーより愛のテーマ、丘を越えて
2020 開催中止    

 

2021年6月5日 | カテゴリー : 稲門祭 | 投稿者 : HP管理者

(ご報告)2019稲門音楽祭

「2019稲門祭」 10号館にて 

              稲門音楽祭稲友会実行委員長 
              八代 幸雄(昭和49年卒)

2019稲門祭が10月20(日)秋晴の下、2018年12月に竣工された
新しい記念会堂(早稲田アリーナ)で令和の年の初年度である
2019稲門祭、ホームカミングデーの式典が開催されました。
当日は天気も爽やかで沢山の方々が早稲田キャンパスにお越しに
なり、楽しい時を過ごされました。

稲田大学マンドリン学部稲友会は、10号館で開催された恒例の
稲門音楽祭に今井照人(昭和45年卒)氏の指揮のもと総勢25名で
(OGOB/21名、WMG/4名)出演致しました。 昨年と同様に13音楽
団体のトリを務め、マンドリン音楽に相応しいイタリアの
ポピュラー3曲、日本の代表的なマンドリン曲の下記4曲を
演奏しました。(いずれも今井照人氏編曲)
会場には稲友会員も多数来場され、今年は初めてマイクを使用し
広い会場にいつもより大きな音量でよい演奏が聴けたと好評価を
受けました。

・「太陽がいっぱい」       ニーノ・ロータ作曲
・「アルベデルチローマ」     レナート・ラシェル作曲
・「ゴッドファーザー愛のテーマ」 ニーノ・ロータ作曲
・「丘を越えて」         古賀 政男作曲

なお 来年の稲門音楽祭も「10月中旬の日曜日」開催が予定されています。
世代を超えて一同に演奏する楽しみ、練習後、演奏会後の老若
男女の垣根を超えた交流、懇親の楽しさは格別です。
是非より多くの方のご参加をお待ちしております。
 (以上)

(当日写真集、クリックすると拡大します)


 

 

2019年10月21日 | カテゴリー : 稲門祭 | 投稿者 : HP管理者

2019稲門音楽祭(稲門祭)のご案内(10月20日)

2019稲門音楽祭(稲門祭)のご案内

早稲田大学校友会(会員62万人)の最大のお祭り「稲門祭」が下記の通り開催されます。
2019年10月20日(日)12時15分~ 早稲田大学キャンパスにて、
稲門祭の中核イベントの「稲門音楽祭」のチラシが出来ました。
下をクリックしてご覧下さい。 

早大マンドリン楽部稲友会は10号館16時半より出演します。
 指揮:今井照人
 ・丘を越えて
 ・ゴッドファーザー愛のテーマ
 ・アルベルチ・ローマ
 ・太陽がいっぱい
ぜひお越しください。
なお、「稲門祭オープニング」は、
 ベートーベン作曲「交響曲第九」第4楽章を約500名で演奏します。
  (於)早稲田アリーナ 12時15分~
 出演:早稲田大学交響楽団・グリークラブ・混声合唱団・早稲田合唱団などのOB/OG・学生。


 

2019年9月29日 | カテゴリー : 稲門祭 | 投稿者 : HP管理者

2018稲門祭:ボニージャックスと49年振りに共演

2018稲門祭、ボニージャックスさんと49年振りの共演

2018年稲門祭が10月21日(日)、晴天の下で開催されました。史上最高の来場者数と言われる沢山の方々早稲田大学キャンパスにお越しになり、楽しい時を過ごされました。
早稲田大学マンドリン楽部稲友会は下記2イベントに出演:

「ボニージャックス結成60周年記念コンサート」大隈講堂大講堂にて。
露木茂アナの司会で、ほぼ満員のお客さんと楽しい時を過ごしました。指揮は今井照人殿(S45卒OB)。ボニージャックスさんと早大マンドリン楽部の共演は第102回定期演奏会でのスライドミュージカル「飛ぶワニ」以来、49年振りです。
下の写真は全てクリックすると拡大します。

続いて「稲門音楽祭」10号館にて、に出演。単独で下記を演奏しました。「光る青雲」「NHK朝ドラメドレー」「チャルダッシュ」指揮:久保田一樹殿(S49年卒OB)

 


 

2018年10月22日 | カテゴリー : 稲門祭 | 投稿者 : HP管理者

2017年稲門祭

2017年稲門祭

早稲田大学校友会(OB・OG会の総称、会員数62万人)が主催する最大のイベントが「稲門祭」です。「稲門祭」は発展を続けるワセダを感じていただくとともに、学生時代に戻って楽しんでいただけるイベントです。
毎年10月に早稲田大学キャンパスで開催されます。
稲門祭では「記念品」を販売し、その収益を現役学生への奨学金にしています。
その稲門祭の最大の呼び物は「稲門音楽祭」です。早稲田大学の13音楽サークルのOB・OG会が主体となりコンサートを行います。マンドリン楽部稲友会も毎年参加しています。2018年稲門祭は10月21日(日)開催です。

写真:クリックすると拡大できます


 

2018年2月8日 | カテゴリー : 稲門祭 | 投稿者 : wmgtoyukai

2007年早稲田ナイト、過去の稲門祭の写真

早稲田ナイト(2007年)、2007稲門祭

2007年稲門祭の早稲田ナイト((於)リーガ・ロイヤル・ホテル)に早大マンドリン楽部稲友会を代表して「アンサンブル・サムディサン」が出演。
以下はその写真とプログラム。

 


過去の稲門祭写真

稲門祭と大隈講堂       (写真をクリックすると拡大できます)

2013~2017稲門祭

 

2018年2月2日 | カテゴリー : 稲門祭 | 投稿者 : wmgtoyukai