会長挨拶

2020年を迎えて    

            2020年1月 川名清五

早稲田大学マンドリン楽部は、大正2年に創部され105年の歴史を誇っております。幾多の困難を乗り越えながら、マンドリン音楽の普及と伝統を守りながら活動を続けています。
マンドリン音楽界に平山英三郎先生、川崎貞利先生、赤城淳先生など数多くの優秀な人材を輩出し、マンドリン音楽発展に貢献いたしました。
定期演奏会は戦時中の困難な時代もありましたが、平成30年で200回を数えております。
「稲友マンドリンクラブ」は、OB・OGにより昭和16年に第一回演奏会が開催され、不定期ですが平成28年に第17回定期演奏会が開催されました。
「稲友会」は昭和54年に発足し、幹事のみなさんの努力、会員の皆様の協力で40年間、活動しております。大学のマンドリン楽部を卆部したOB・OG約1000名で構成されています。
平成26年に会則が大改訂され、本会は会員相互の親睦を深め、早稲田大学マンドリン楽部の発展に寄与することを目的としています。大学の記念演奏会、定期演奏会などの多くの活動支援しております。今、会員に機関紙「稲友」、ホームページによる情報提供をして共有化に努めておりますが、会員の皆様の投稿もお待ち致しております。

平成から零和の節目の昨年は、気候の変化で想定外の災害も起こり、世界各地で争いが勃発して不安定になってしまいました。
今年:令和二年はオリンピック開催の記念の年、より生活しやすい良い社会になってもらいたいものです。早稲田大学マンドリン楽部、稲友会もあゆみに着実に変化に対応し、会員による演奏・親睦も深め、目的達成のため活動を継続してゆきたいと思います。
皆様の支援、ご協力よろしくお願い致します。


 

2020年4月14日 | カテゴリー : 会長ご挨拶 | 投稿者 : HP管理者