会長退任挨拶 2020年4月

早稲田大学マンドリン楽部稲友会 会長退任挨拶 

     2020年4月 川名清五

この度の総会(コロナウィルスの影響で、はがき、メール対応)で新理事が選任され、そのその後の理事互選で、会長に大橋忠弘氏、副会長に八代幸雄氏、村瀬奈津子氏が就任いたしました。私は石黒先輩、芳川先輩から引き継いで、4年間その前の副会長2年間、都合6年間WMG稲友会の運営に携わってまいりました。大過なく遂行できましたのは、諸先輩、会員の皆様のご協力、そして理事の皆様のサポートのおかげと感謝いたします。

また現役の皆さんとは交流会でコミュニケーションとりながら、第200回記念演奏会などWMG活動のサポートに微力ながら貢献できたかなと思っております。

新型コロナウィルスの影響は、まだ続きそうで、世は緊急事態です。学業、演奏活動、就活、そして生活と影響は必須です。危機を乗り越えて、目標に向かい前に進んでいきましょう。

今まで、風通しの良い稲友会に改革を進めてまいりました。大橋会長のもとさらに進め、理事としても協力してまいります。会員の皆様にはWMGの学生を温かく見守り、WMG稲友会にさらなるご協力をお願いいたします。

ありがとうございました。

 


 

2020年4月14日 | カテゴリー : 会長ご挨拶 | 投稿者 : HP管理者