WMG稲友会「平成30年度(2018年度)活動報告」

WMG稲友会「平成30年度(2018年度)活動報告」

WMG稲友会の昨年度の活動概要を以下に報告致します。

1、演奏会について

①WMG第200回記念定期演奏会(5月19日@浅草公会堂):
第2部で学生との合同ステージで「新世界より」全曲を演奏(下写真)。稲友会より約60名が学生との合同練習を半年間行って出演。
運営面では、学生と推進委員会を結成。受付PJ・会場満席PJなども活動し、本番当日は満席となりました。

第200回定演

②2018稲門音楽祭を主幹(10月21日)。
当会は約35名が出演し、ボニージャックスと49年振りの共演(@大隈大講堂、指揮:今井義人氏)下写真。10号館でも演奏(指揮:久保田一樹氏)しました。

稲門祭:ボニー共演

③オータムコンサートを学生と共催(10月6日)。
約100名が参加(稲友会は10グループ、42名)。そこで第200回定演記念で集めた寄付金で購入した「マンドロンセロ」をWMGに寄贈しました(下写真)。

チェロ贈呈

2、平成29年度総会の開催
平成30年4月15日(日)13:30~ (於)大隈会館3階会議室
出席21名、オブザーバ1名、委任状を含めて議決権46で総会成立(その他、WMGより学生幹部5名が出席)。

2017年度総会

議事は下記の通り。全て賛成多数で承認されました。
1、 平成29年度 事業報告
2、 平成29年度 会計報告、監査報告
3、 平成30年度 事業計画
4、 平成30年度 予算
5、 理事選任
6、 会則変更
第1回理事会を開催して新体制を決定。総会の場に戻って、新体制を報告しました。

3、情報共有の推進
稲友会会員の情報共有を目指して、下記活動を実施しました。
①会報「稲友」の発行(2回)。2017年にカラー化・リニューアルを行い11月に75号を発行。編集委員会を設置し、皆様のご意見をいただきながら、76号・77号を発行しました。
②稲友会ホームページ:2018年4月に全面リニューアル・稼働開始。それから1年、皆様からの記事を掲載しながら運用中です。現在、延べ訪問者は約500名/月、延べ閲覧ページは約1,000頁/月になりました。  URL http://wmgtoyukai.net/
③会員同報メールによる情報共有。
フレッシュな情報を登録会員(約550名)への同報メールでお伝えしています。

4、WMG及び学生部員へのサポート
①WMG執行部と稲友会幹部との幹部交流会の定期開催(3か月毎)、
②WMG演奏会(定演・サマーコンサート)のサポート、
③WMG各種課題のサポート(部費滞納問題など)、
④WMG出張演奏のアレンジ・マネージメント(2018年度は4件実施:狛江市、清瀬市、国分寺市、羽村市(下写真、15名出演))。

羽村市演奏会

出張演奏の特徴=有料出演・60~80歳向けのセットリスト・指揮者無し・楽器紹介(ソロ演奏付き)・合唱の伴奏など。
⑤楽部長交代の人選サポート(3月、江澤教授→藁谷教授)
⑥就職セミナー(3年生を対象に9月8日・10月13日実施)、学生役員の名刺作成(新3年生幹事6名)などの日常活動を実施。

5、新年交流パーティの開催
3年連続で稲友会新年会を開催。
2019年1月26日 銀座ブロッサムにて。参加者は34名(稲友会22名、現役学生12名)。

新年パーティ

今年の特別ゲストはマンドリニストの宮田蝶子様。稲友会会員とアンサンブルを組んでのコンサート(写真)。
更に、200回記念定期演奏会のビデオ(抜粋)映写・

宮田蝶子さんと演奏会

参加者代表近況報告・美味のバイキングやフリードリンクなどで楽しい時を過ごした。最後に恒例の学生新旧幹事長のリードで「都の西北」斉唱して閉会。
 
6、早稲田大学校友会関連
①校友会組織強化補助費を獲得(2年連続)
サークル稲門会には組織強化補助費を申請する権利があります。提出資料は面倒くさいのですが、2年連続申請・獲得しました。公認のサークル稲門会は全部で95団体。その内、申請・補助費獲得したのは当会のみでした。
校友会の査定=会員数904名、校友会費納入者数293名、補助金額29,000円
②早稲田大学校友会第10回ゴルフ大会に参加。当会は個人=優勝・団体=4位の好成績。

校友会ゴルフ大会

稲門会50団体・200名が参加して11月1日に開催(@久邇CC)。マンドリン楽部稲友会は第7回から4年連続出場中(費用は各自負担)。
今回、当会は個人優勝・団体4位の奇跡的好成績。(団体優勝は公認会計士稲門会)
(以上)